University of Massachusetts(マサチューセッツ大学) 
S.Wさんの留学レポート

初めてメールします。少し前からこのページは知っていたんですが、とりあえずちらっと見るだけだったので。久しぶりに見て、アメリカでランドスケープを学んでる方の話が書いてあったので、思わずメールしてしまいました。

実は僕も今アメリカの University of Massachusetts でランドスケープアーキテクチャーを学んでいるので、同じ状況にいる方の話しを聞くと心強いです。 僕はこの大学の三年にいまいて、後一年半で卒業です。

ワシントン大学にいる方の話だとL.A.を取得するのには5年かかるということですが、自分の行っているところは4年で卒業できるんです。これは恐らく特別なケースだと思います。

多分マサチューセッツ州の法律が他の州と違うからだと思います。でもこれで学位が取れたとしても、マサチューセッツ州でL.A.のライセンスを取得するには最低3年は設計の事務所や会社に勤めなければならないそうです。3年経つとそのライセンスの試験を受ける資格が与えられるということです。

僕は前はカリフォルニアの大学に行っていたんですが、一年半ほど前に今の大学に編入しました。僕の場合、ランドスケープアーキテクチャーを学ぶためにアメリカに来たわけではなく、取り合えずアメリカに来て普通科目をとりながら何を専攻するかを決めていったので、来た時はランドスケープアーキテクチャーという言葉さえ知らなかったんです。

それで、こういう学部があるということに気づいた時に、そのカリフォルニアの大学にはL.A.がなかったのでいろいろ調べてみた結果、ここの大学が見つかり、それに加えて東海岸の特にニューイングランド地方に来てみたかったので編入したわけです。

うちの大学にはB.L.A., M.L.A.,に加えてRegional PlanningとLandscape Consractionの学科があり、全部の学部生をあわせると恐らく150人くらいでしょう。

大学は春と秋の二学期制で、学部科目の中心を成すstudioのクラスはその一学期を半分に分け、前半と後半でそれぞれ別のプロジェクトを制作します。そしてそれぞれの最後に自分の作品を学部内でプレゼンテーションし、教授やゲストから批評してもらうわけです。

作品はデザインの模型を作ったり図面を描いたりいろいろです。クラスはやはり大変で、プレゼンが近づくとみんなスタジオのこもって徹夜で作品の仕上げに追われたりしています。でも学ぶことは多いですよ。